●くるみ出版舎 Kindle電子書籍格安出版代行よくある質問●


Q.1冊1万円という格安値段はどうして生まれたのですか?

A.答えは簡単。くるみ出版舎は、経費をかけないからです。
くるみ出版舎に事務所はありません。

え?と思われるかもしれませんが、スタッフは各自、自宅で作業をしています。
出勤の必要もないし、何といっても事務所を維持する経費が必要ないのです。
各スタッフ間の打ち合わせ、会議はSkypeを使っています。Skypeは無料ですからね。そこにも経費はかかりません。

また、スタッフは自宅で作業をするのでストレスも感じないようです。
ストレスを感じないって大切なことですよね。
自由に作業が出来るから、仕事もはかどるようです。
とにかく、くるみ出版舎は極限まで経費を削減し、お客様へ還元しているわけです。

それともう一つ。利益尊重の舎ではありません。
あくまでも、お客様の喜びを尊重するくるみ出版舎なのです。
スタッフは、みんな人がいいというか、苦労を苦労と感じないんですね。
お客様が喜んで頂ければ、それでいいんです。
利益は二の次、薄利で細々と暮らせればいいんです。

そんなわけで、くるみ出版舎では1冊1万円という格安料金を生むことができました。

経費もない、ストレスもない、利益も少ない。ないない尽くしの、くるみ出版舎です。


Q.原稿のページ数で追加料金はありますか?

A.ページ数によって料金が変ることはありません。何故なら、10ページの冊子でも、1千ページの長編でも、弊舎が考えるに、筆者様にとっては大切な宝物だと感じているからです。


Q.写真だけの書籍を作りたいのですが、可能でしょうか?
A.可能です。「お客様の声」を読んで頂けるとわかるのですが、写真集も手がけております。


Q.手数料のお支払い時期はいつごろでしょうか?
A.電子書籍が出版されてから1週間以内の後払いですので、ご安心下さい。


Q.Kindleのアカウントを取得するのに個人情報が必要だと聞いて不安なのですが。
A.弊舎は、弊舎プライバシーポリシーにのっとり、個人情報は厳重に取り扱わせて頂いておりますので、ご安心下さい。


Q.紙の本は出版できますか?
A.誠に残念ながら、弊舎はAmazon Kindleに特化していますので、紙の本の出版はお請け出来かねます。


Q.印税等はどのように支払われるのですか?
A.印税等は、弊舎とは関係なく、直接お客様に支払われます。

Q.著作権や出版権は、著者が持つ事が出来るのでしょうか。
A.著作権、出版権は著者様のものになり、弊舎は関わりを持ちません。

Q.出版後、販売数はわかりますか?
A.出版後、お客様のアカウント内で販売数を知ることが出来ます。

何かご質問がございましたら、「お問い合わせ、お申し込み」またはお電話(090-3089-8473 齊藤猛)にて、お気楽にお問い合わせください。
どんな些細なお問い合わせでも、無料で対応させて頂きます。




くるみ出版舎 Amazon Kindle電子書籍出版代行1冊1万円